テスラがバッテリーに関する新技術を4月中旬に発表!エネルギー密度と航続距離が大幅に改善へ!

こんにちはテスカスです!

テスラに買収された元マクスウェル幹部が、バッテリーに関する新技術を発表するイベント「バッテリーデー」が4月中旬に開催されると中国メディアに明らかにしました。

追記

バッテリーデーは5月中旬に延期されました。

 

「バッテリーデー」で発表されるまで詳細は不明ですが、航続距離の改善、バッテリー製造コスト削減、耐久性の向上が噂されています。

マクスウェルが持つ乾式バッテリー電極技術を適用し、従来のエネルギー密度260Wh/kgから300〜500Wh/kgへの向上が見込まれています。

160万km走行可能なバッテリー

特に耐久性に関しては「最小限のメンテナンスで160万kmの耐久設計」という具体的な数値が公表されています。これは昨年4月22日に開催された自動運転に関するイベントで発表された「ロボタクシー3要件」の1つ。

テスラが目標を達成できれば走行距離1.6kmあたりロボタクシーは20円のコストで運用が可能となります。ちなみにテスラの試算によるとガソリン車は68.8円、ライドシェアは300円のコストとの事。

イーロンマスク
イーロン
マスク

稼働率50%で年間3万ドル、1マイルにつき65セントの利益が得られる!

もし将来、モデル3によるロボタクシーが実現可能になればオーナーは上記の利益を得られると発言していましたが果たして・・・

コメント

トップへ戻る