テスラでCuphead(カップヘッド)がいよいよ登場!V10では横スクロールシューティングを楽しめる!

こんにちはテスカスです!

2019年6月のE3でCuphead(カップヘッド)がテスラ車両に移植されることが発表されていました。

イーロンマスクは「カップヘッドは8月に登場する」と以前宣言していましたが、どうやらV10に組み込まれる様ですね。

イーロンマスク
イーロン
マスク

ドライブインシアターモード、カラオケ、カップヘッドは最高です!

Cuphead(カップヘッド)

Cuphead Launch Trailer | Xbox One | Windows 10 | Steam | GOG

基本はすべてアナログでの手書き。制作に7年かけた。制作に専念する為に仕事を辞めた。資金調達の為に家を抵当にした。ともはや狂気すら感じる工程を経て開発された。使用されているセル画は合計で45000枚以上であり、「ゲーム制作に使われた最も多い手描きセル画の枚数」としてギネス世界記録にも認定されている。
発売後2週間で100万本を売り上げた。
また、その後も売れ続け200万本に到達し、現在は400万本を突破している。

出典:ニコニコ大百科

めちゃくちゃ面白そう・・・

 

テスラに移植されるバージョンも他のハードと遜色ない様に60fpsでプレイが可能。

ただし車両のストレージの関係からプレイできるのは序盤ステージのみとなる予定です。

 

今の流れで新機能やゲームを追加していくとローカルストレージが一杯になるのは目に見えており、イーロンマスクは将来的にUSBポートを介してゲームストレージの追加が可能になると言っています。

 

イーロンマスク
イーロンマスク

ほとんどはローカルストレージによって制限されます。 USBを介した追加のゲームストレージが可能になります。

ストレージはなるべく大容量をおすすめ

今後も新たなゲームが追加され続け、オフライン動画再生などにも対応していく可能性は十分にあります。

 

リアビューカメラ録画機能追加も示唆されていますから、接続するストレージはなるべく大容量の方が無難かと思われます。

Samsung 外付けSSD T5 500GB

 

 

Amazonで探す

 

海外のテスラオーナーによる使用実績も多く、JedaのUSBハブにも収まるコンパクト設計。

 

将来のストレージ需要に備えたいですね!

コメント