返信先: バッテリー🔋表示、%とkm

#38758
アバターBtSandy
  • 車: P3D Stealth
    • ランク11

そろそろ納車一年になりますが、バッテリーに関しては未だにわからないことだらけで、折に触れてネットを調べたりしていますが、セルのバランシングに関しては、USのTeslaMortorsClubに↓の投稿があります。(このスレッドの#112)
https://teslamotorsclub.com/tmc/threads/battery-management-system-what-i-learned-at-tesla-service-center.185033/page-6#post-4507924
出どころはTESLAのサービスセンターだとしていますが、真偽は不明です。
この投稿によるると、バランスを回復するベストな方法はバッテリーを90%かそれ以上まで充電して、数時間そのままにしておく(プラグを接続したままでも、抜いても良い)とのこと。24時間でインバランスを1m Vに減少することができるそうです。

また、かなり古いですがTeslaratiの2014年の記事に、Tesla Motors representative とされる人からのメールの抜粋が掲載されています。https://www.teslarati.com/tesla-battery-range-degradation-prevention/

この記事によると、バッテリーパックのリバランシング(Model Sですが)は必ずしも必要が無い。何回か100%までフルチャージすると、推定航続距離は伸びるかもしれないが、それは必ずしもリバランシングによるものではなく、むしろ航続距離を推定するアルゴリズムの正確性が増すためである(いわゆるBMSのキャリブレーション)としています。

一方で、これはコンセンサスであると思いますが、バッテリーの能力を維持するためには極力20%ー90%の範囲で運用すべきで、時折100%まで充電することは問題ないが、100%のまま放置することは(また20%以下で放置することも)バッテリーに悪影響を及ぼすと言われています。

以上を合わせて考えると、バッテリーの健康とバランシングの両立という観点からは、通常は20ー90以内で運営して(むしろ30ー80くらいか?)、時折90程度まで充電する。100%フル充電も構わないが、100%でなるべく放置しない。(出発時刻に合わせて100%に持っていく。) ということでしょうか。

5+
トップへ戻る