返信先: モデル3の電費を報告!

#38922
アバターBtSandy
  • 車: P3D Stealth
    • ランク11

ともひろさん

私もトリップメーターの計算と充電レベルの数字との間の不整合が気になり、テスラ に問い合わせをしたことがあります。
下記にその時の質問の一部を添付しました。(写真は省いています。)

回答は文書ではもらっていないのですが、主旨としては、下記の私の質問の一番最後のパラグラフの答えはYesであると理解しました。

つまり、バッテリーから(モーター等に)出力された電力量は精密に計測できるが、バッテリーがどのくらい充電されているかを正確に把握するのは難しいと言うことです。
特に短いトリップでは両者の誤差は大きくなるようです。

また、トリップメーターの数字に待機電力が含まれていることは、この時のやりとりに加えて、点検時の担当者とも確認しているので、間違いないように思います。

ただ、ともひろさんの場合、100kmも走っているので、バッテリーの実効容量が75kwhより小さいだろうことを補正しても(バッファーが取ってあると言われています。)、両者の誤差が大きいように思います。一度テスラに問い合わせてみてはどうでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1)エネルギーレベルの%表示と絶対値(kwh)の不整合に関する質問です。
6月25日午前2時に70%まで充電して、‪9時30分付近に出発した際には充電レベルは‬70%でした。<写真1>は目的地に到着した直後のスナップです。
充電レベルは64%になっており、21.3kmの走行で、6%消費したことになります。一方、カードは前回の充電以降4kwhの消費になっています。(171×21.3=3.6423kwhを丸めて4kwhと表示していると理解。)
この数字からバッテリー容量を逆算すると、6%が3.6423kwhに当たるので、100%は60.705kwh (3.6423/6 x 100) となります。Model3 パフォーマンスのバッテリー容量(利用可能な容量)は70kwh以上のはずなので、この61kwhという数字はこれと全く整合しません
一方、<写真2>は目的地から自宅へ出発する時点のものです。‪2時間滞在で‬3%バッテリーが減っています。(ヒートプロテクションもセントリーモードもオフです。)
<写真3>は自宅→目的地→自宅と走って、到着直後のスナップです。この間のドレイン3%を考慮すると、走行による消費は11%(70-56-3)で、これが7.6384kwh(176×43.4)に相当するので、100%は69.440kwh(7.6384/11 x 100) となります。こちらの方は、まあまあ実施のバッテリーサイズと整合的です。
<写真4>は別の日の例です。上記と同様、深夜に70%まで充電、昼前の出発時には充電レベルは70%。5km走って一旦‪1時間ほど駐車、その後‬30km弱走行して目的地に到着。そこで‪2時間強駐車して、戻ってきた直後のスナップです。駐車中のドレインは‬1%でした(最初の‪1時間の駐車後、‬1%数字が下がっていました。2回目の駐車場は変化なしです。)ので、逆算したバッテリー容量は、62.8kwh((210×65.8)/(70-56-1)x100) になります。これも実際のバッテリー容量と大きく異なります。

素人考えですが、バッテリーから出力される電力量は精密に測れると考えられる一方、バッテリーにいくら充電されているかは正確に把握するのは難しいように思えます。そう考えると、誤差は主にバッテリー残量(%表示)の信頼性に起因するように思われますがいかがでしょうか。 

4+
トップへ戻る