返信先: 2021モデル3パフォーマンスのタイヤ

#51043
サム

一般論ではスポーツ性と快適性は相反するのでいいとこ取りはできないと思います。
転がり抵抗を減らしてあるということは、コンパウンドは硬くグリップは犠牲になっているでしょう。
グリップを上げるにはブロック剛性を上げるためにサイズも大きくなり静粛性は犠牲になります。
スキール音が出ない範囲で走行するユーザーであれば、グリップは満たせていますので静粛性だけ気にすれば良いかと思います。

トップへ戻る