返信先: 雑談トピック23

#65508
M

エンジンブレーキの代わりになるのは回生ブレーキで、回生ブレーキがSoCやバッテリー温度により制限されている場合、現状ではドライバーがフットブレーキを踏む必要があります。

今回の話題は所謂regen backfillという機能で、回生ブレーキが制限されている時に回生ブレーキと同様の減速感を得られるよう、車が自動的にフットブレーキを効かせてくれる機能と理解しています。バッテリーの状態に関わらず運転感覚が変わらないので素晴らしい機能だと思いますが、連続する下り坂ではドライバーがブレーキを踏んでないのにフットブレーキを踏んでいるのと同じ状態になるので、場合によっては気をつけないといけないのかなと思います。峠の上で充電しない限り満充電状態で長い坂を下るのは考えにくいので、問題になるとすれば低温状態で回生ブレーキが制限されるケースで、プレコンディションをすればある程度回避できるのかなと想像しています。

トップへ戻る