キャンプイベントのお知らせ

返信先: 雑談トピック28

#75077
TAKE

    Visualization、役に立たない見た目だけの機能という意見が大半かと思いますが、以下の点で役に立つと感じたのでシェアさせて頂きます。

    ・赤信号から青信号への変化
    微妙に頭を動かさないと信号が見えない位置で赤信号停車した場合、信号が青に変わった事を確認できます。
    信号認識は完全に信用できるような状態では全く無いと思いますが、この使い方であればそこそこ使える気がします。

    ・歩行者認識
    これも停車時か低速時に限られますが、街灯の無い暗がりや、Aピラーの死角に入っている歩行者について、目視より先に画面表示で気づくという事がありました。画面に表示されていない=人はいない、と判断するのは絶対ダメですが、自分の目を疑って補助的に使うのであれば安全に寄与すると思います。
    当然、目視で見落とさないのが基本であり、そうでなければいけませんが、見落としによる事故も発生しているのが現実ですので、念の為の確認として徐行・停止時にはチラ見するようになりました。

    (歩道だと存在していない人が画面表示される事もありますが、交差点では今のところその経験はありません)