フォーラム  モデル3オーダー統計

オートパイロットについて

このトピックには8件の返信が含まれ、6人の参加者がいます。2 ヶ月、 2 週間前アバター 中西康太 さんが最後の更新を行いました。

  • 作成者
    トピック
  • #8959返信

    わかる方教えて下さい。
    現在、初代プリウスPHVに乗っています。テスラ(特にモデル3)のオートパイロットで信号のない田舎道を60キロ以上の設定(仮に70キロ)で走ったら、Rのきついカーブでは減速してくれるのでしょうか?
    また、前車がいる場合はどんな動きをするでしょうか?プリウスのクルコンだとRがきついカーブだとレーダーが外れ急に加速し、カーブ立ち上がりに前車を感知し急減速します。
    GPSとかで少しでも減速してくれるのでしょうか?
    テスラモーターズファンさんの動画では減速してくれるような事をおっしゃていたような感じでした。間違っていたらすみません。
    さらにもう一つすみません。白線が消えていたり消えかけていたりする状況ではオートパイロットはどんな動きをするのでしょうか?
    長々とすみません。

Viewing 8 reply threads
  • 投稿者
    返信
  • #9906返信
    アバター
    中西康太

      皆さん、詳しい情報をありがとうございました。
      とても勉強になりました。
      モデル3、めちゃくちゃ欲しいのですがまだ購入出来ておりません。
      モデル3納車後の皆さんの情報、心待ちにしております。

      1+
      avatar
    • #9791返信

      ほとんどのメーカーのレーンキープシステムは車線>前車です。
      白線があれば白線基準でレーンキープするのがベースかと思われます。

      0
    • #9620返信
      アバター
      eminA

        高速で緩やかに車線変更する車に追従していた場合、そのまま追従するのでしょうか?

        0
      • #9588返信

        オーナーの皆さま有難うございます。
        自分の力不足、知識不足をひしひしと感じていますが、モデル3 納車したら実体験ベースで説得力あるコメント頑張ります!

        1+
      • #9434返信
        Tesla Autopilot runs without center line

        今日撮ってきた映像ですけど、白線なしでも結構レーン追従します。

        4+
        avataravataravatar
      • #9305返信

        日本の現状について回答します。
        ※Firmware2019.16

        Rのきついカーブでの減速ですが、
        経験したことは有ります。
        ただし、60km制限→58km(60km設定) 30km制限→37km(40km設定)といった具合で、
        アメリカのyoutuberの動画にあるようなカーブに合わせて大きな減速の体験は無いです。
        これは日本の制限速度が厳しすぎて、制限速度通りに走っていれば、
        APで曲がれてしまうからなのかなーと仮定しております。

        前走車がいない場合、カーブに合わせて手動でAPの設定速度を落としてやる必要があります。
        前走車有りの場合、R30ループのきついカーブでも前走車を表示しており、それに合わせた加減速があります。※2019.8辺りからカーブでも遠くを見るようになりました。

        ※上記の設定速度を落とすっていうのは、制限速度はマップから拾っているのですが、
        そのマップの制限速度がかなり適当です。
        60km制限の道路で50kmだったり、40km制限の道路で60kmだったり。
        なのでカーブに差し掛かる前に、制限速度に合わせて速度設定をします。
        速度設定はマニュアル感があります。

        R自体はR20まで曲がれるようになったところですが、これ以上は無理です。
        というのも前走車無しのAPでは最低速度が30kmで、それ以下には落としてくれないので、
        自ずと人力運転でも30kmで曲がれないカーブは曲がれません。

        白線の件はケースバイケースです。
        かなり薄くても読み取り、センターラインさえ読み取っていればレーンキープします。
        かなり薄いと破線かどうかの認識ができないので、オートレーンチェンジは使えません。
        逆にセンターラインがくっきり破線だと、オートレーンチェンジが使えます(笑)
        これが原因か、欧州でナビゲーションオートパイロットが入ると同時に一般道でオートレーンチェンジが使えなくなりました。

        オートパイロットAIの性格は自分が認識したものが正しい!ですから
        Rのある交差点(白線が途切れるパターン)でも前の車に追従しない癖が有ります。※一般道での完全なミスはこれくらいです。
        ようは前の車は車として認識しているけれど、走行すべきレーンの認識は前の車に関係なく行われております。

        前の車がいなくて、白線が消えている場合は、警告とともにキャンセルされるor堂々と真ん中を走るのどちらかになります。

        6+
        avataravatar
      • #9279返信
        しょう
        しょう
        • テスラ紹介コード: https://ts.la/xiao19038

          2018/12のモデルX75D、FWはV9(2019.24)です。
          Youtubeなどで動画を見るとアメリカではカーブ前に減速してくれていますが、今のところ日本では一般道、首都高では前走車が居ない状態では自動的に減速したことはありません。
          恐らく地図情報に曲率などが入っていないのだと思います。
          前走車が居れば、余程キツいカーブじゃない限りは前走車に合わせて減速してスムーズに曲がれます。

          4+
          avataravatar
        • #9185返信

          テスラオーナーに確認したところ、ソフトウェアのバージョン、場所、環境にもよるみたいです。

          白線が無かったり、かすれているところも前車が居れば追従します。

          2+
          avatar
        Viewing 8 reply threads
        返信先: オートパイロットについて

        You can use BBCodes to format your content.
        Your account can't use Advanced BBCodes, they will be stripped before saving.

        あなたの情報:





        <a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width=""> <div class="">

        テスカス