EV 大雪での立ち往生

  • このトピックには6件の返信、2人の参加者があり、最後にGodeyeにより3ヶ月前に更新されました。
5件の返信スレッドを表示中



  • 投稿者
    投稿
    • #40555返信
      アバター日本最東端居住者

      テスラとは直接関係ないですが

      今回の関越自動車道での大雪でのように

      冬季に車内から身動きが取れなくなった場合に

      Model3の場合だとどれくらいの間暖房を稼働できるのでしょうか。

      ModelYの購入を検討している身として心配になりました。

      +5
    • #40556返信
      アバターFederweisser

      ものすごく大雑把に言うと、暖房に使う電力は遠慮せずに使うと3kWくらいなので、電池残量が30kWhならば10時間持つことになります。シートヒーターも併用して遠慮して使えば1kW程度でしょうから同残量で30時間です。ヒートポンプの場合はこれの+20〜30%くらい。ちなみに2000ccのガソリン車では1時間で1リットル弱の消費なので、25リットルで30時間くらいでしょうか。もちろんどちらも残量次第ですが、非常に大雑把に言えばどちらかが劇的に有利、不利、ということはなく、特にEVはこう言う日はなるべくフル充電しておきましょう、とは言えると思います。また、ガス欠は簡単に補給できますが、電欠の場合は簡単には充電出来ないのでこの点はどうしてもEVは不利です。

      +15
    • #40562返信
      アバターテスカス
      • 車: Model 3 LongRange 白

      godamaさんの書き込みを参照させていただくとヒートポンプを搭載したモデル3は「外気温0℃車内設定温度20℃」での消費電力は1時間あたり2~3%。消費電力は1.5~2.25kW。
      この方はロングレンジなので(75kWh)33~50時間。あとはその時のバッテリー残量や設定温度次第ですね。

      https://teskas.net/forums/topic/40504/#post-40520

      +5
    • #40608返信
      アバターEKO

      ちょうどタイムリーに海外のYouTuberがテストしていましたが
      外気温-8度で室温20度にAutoでACを設定して7.7時間でバッテリーは96%→86%、1時間あたり1.3kW消費したとのことでした。

      Sleeping in 2021 Tesla Model 3 in -8°C
      +4
    • #40610返信
      アバター四壱七

      経験していないので説得力がないですが、私はEV車でバッテリー上がって動けなくなるよりも、化石燃料車では一酸化炭素中毒でのリスクがあるので寝ながらエンジンをかけられないというほうが精神的にも身体的に辛いと感じますね・・・。

      +12
    • #41206返信
      アバターテスカス
      • 車: Model 3 LongRange 白

      テスラオーナーでもある高原太郎さんが大雪立ち往生におけるEVの優位性に関する記事を書いてくださいました。
      非常に分かりやすく、必読と思いましたのでご紹介させていただきます。

      https://note.com/tarorin/n/nbd4fd74aa46e

      +23
      • #41270返信
        アバターGodeye
        • 車: Model3 Long Range AWD Pearl White

        テスカスさん、参考情報の紹介ありがとうございます。

        シートヒータの消費電力って、100W程度なんですね。もっと電力食うのかと思ってました。
        ちなみに、100Wというのは1座席(1人)分でしょうかね? 4人分だと400Wなのかな?

        0
5件の返信スレッドを表示中
返信先: EV 大雪での立ち往生
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

トップへ戻る