経産省、環境省のEV補助金詳細発表

  • このトピックには20件の返信、8人の参加者があり、最後にまろにより5日、 23時間前に更新されました。
13件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #40712返信

      資料を見る限り環境省が実施する補助事業はテスラも対象のようですね。しかも80万円!
      経産省の方はV2X対応でないとダメみたいです。

      以下抜粋

      ①補助対象
      (Ⅰ)電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車の購入費の一部
      (Ⅱ)充放電設備/外部給電器の購入費・工事費の一部(オプション)

      ②補助対象者
      「再エネ100%電力調達」及び「モニター制度」の要件に適合することを前提に、「電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車」を購入する個人や民間事業者(中小企業)、地方公共団体等。

      ④補助対象の期間
      令和2年12月21日から新車新規登録(登録車)または新車新規検査届出(軽自動車)された自動車が対象となります。

      ⑤補助上限額
      電気自動車は上限80万円、プラグインハイブリッド車は上限40万円、燃料電池自動車は上限250万円
      充放電設備の設備費は1/2補助の上限75万円(個人・法人等共通)、工事費は定額補助で上限40万円(個人)又は上限95万円(法人等)
      外部給電器の設備費は1/3補助の上限50万円

      https://www.meti.go.jp/press/2020/12/20201222006/20201222006.html

      +5
    • #40714返信

      情報ありがとうございます。

      注文済み、納車タイミング未定ですが、家がオール電化で、再生可能エネルギーの契約プランへ切り替えると夜間電力の料金が上がり、
      トータルで損するのかなあと・・・

      情報がまだ足りないですが、補助金の条件にちゃんと入れるのか、不安になってきました。。

      +3
    • #40730返信
      アバターYSK

      こんばんは、補助金対象の内容、気になっています。EV車の購入だけでは今後は対象外ということですよね?自分も含めマンション住まいの方には逆に敷居が高くなってしまったような、、

      +3
      • #40731返信
        アバターテスカス
        • 車: Model 3 LongRange 白

        今回の補助事業を実施する民間団体が次世代自動車振興センターに決定したら、現在の同団体が実施しているCEV補助金がどうなるか心配ですね。
        並行して実施されると良いですねq(q’∀`*)

        +1
      • #40742返信

        マンション住まいでも「再エネ100%電力調達」の条件に、
        (c)再エネ電力証書の購入
        があるのでそれで補助対象になりますね。

        今のところどれだけ買えばいいのかまだわかりませんが。

        +3
    • #40741返信

      >>再生エネルギー電力
      政府のモニター制度期間が購入後4年のようなので、その後に通常の電力プランに戻したとしてもそれを検知する術はないでしょうね。
      良いことかどうかはさておき、4年後にそういった対応をすることは可能=80万円への増額分の恩恵の方が大きい と認識しております。

      >>充放電設備の設備費は1/2補助の上限75万円(個人・法人等共通)、工事費は定額補助で上限40万円(個人)又は上限95万円(法人等)
      「充放電設備」にはパワーウォールも当てはまりますよね?
      我が家が200V電源は外に既に引いてあったので普通にEV給電するだけなら工事は考えておりませんでしたが、ここまで補助があるなら
      併せてパワーウォール設置もしてしまいたいと思います。
      パワーウォール価格:110万÷2(1/2補助)=55万 で蓄電池が設置できるのは素晴らしいですね。 ※施工費40万は全額補助

      +4
    • #40754返信
      アバターテスラー総統
      • テスラ紹介コード: https://ts.la/hironobu73124
      • 車: 白パフォーマンスFSD無

      年末納車予定です。
      幸運にも、届いた車検証の写しをみたら、登録日が12月21日以降でした!。
      80万円ゲットのために再生エネ電気会社を探さねなりませんが、どの会社のどんなプランにすればよいのか、ご教授くださる方いらっしゃいませんでしょうか?

      +8
    • #40811返信
      アバターKevinY

      試乗予約の電話でテスラの方と話したが補助金の件は良くわからないと言ってました。色々調べている様子です。
      購入者としては80万円があるのと、ないのでは違いますからね。
      再エネ電力に切り替えるといっても低圧電力と電化上手を契約しているのでどうしたら良いのか気になります。

      +3
      • #40818返信
        アバターテスラー総統
        • テスラ紹介コード: https://ts.la/hironobu73124
        • 車: 白パフォーマンスFSD無

        KevinYさん、有難う御座います。
        本日、納車でしたので、この件TESLAの人に聞いてみましたが、「経産省に問い合わせてみたが、まだ未決定のことが多いためきちんとした回答が得られなかった」とのことでした。
        とはいえ、40万円申請の書類(テスラ側で用意してくれてた書類には希望額40万円が記入済み)はもう手元にありますしと、その期限も1か月しかありませんから困ってしまいます。
        私は電力は現状普通の契約ですので、どのプランに変えたらいいのか、またその証明書類の取得方法もわからず心配です。
        週明けに自分でも問い合わせてみようと思います。
        情報が入ったらこの板に共有します。

        +4
    • #40821返信
      アバターあおたん

      本日14時納車でした。
      その時は、1か月以内に申請しないと40万貰えない説明でした。
      先ほど電話貰いまして、80万は決定ではないのですが、その手続きするなら40万の申請はしないで、決定してから自分で書類書いて80万の申請してくださいと。
      来年度の申請に成るみたいですね。

      +6
    • #40833返信
      アバターKevinY

      テスラSRで営業の方に聞いてみました。
      正確な情報収集に努めているが環境省HP以上の情報は入手出来ていないとの事、環境省に問合せしても担当レベルまで情報が降りてきていない様子だとか。

      12/21以降の登録車は20年度の40万円補助金で申請するか、アナウンスされた80万円補助金を待つかの判断が必要になりそうです。新たな補助金の条件を満たすことができるか?具体的な条件が発表されていないので難しいです。20年度の補助金もそろそろ終了かも。

      昨年は補助金が枯渇するので第一四半期(1〜3月)の輸入は見送られたらしく、第一四半期の登録車に補助金が付かなければ21年度も同様の輸入体制になるかも…との話も。

      補助金の話は日産にでも聞いたほうが情報を持っているかもしれませんね。

      +3
    • #40854返信
      アバターテスラー総統
      • テスラ紹介コード: https://ts.la/hironobu73124
      • 車: 白パフォーマンスFSD無

      まず環境省に電話確認しました。以下、先方談
       ・法案は固めている最中で、変更がある度HP上に掲載する(実際、赤入れで一部修正されている)
       ・100%再生エネに関しては、新電力会社からエントリーを受け、審査し認可できるプランを決定しHPに掲載する予定。(新電力で「100%再エネ」と謳っていても、実際には少し違う場合もあるので審査する、とのこと)
       ・例年そうだが、法案の可決は2月ごろ、施行は3月ごろ。令和2年12月21日分からOKで受付開始することになるだろう。
       ・既に実施中のCEV補助金との併用は基本的にできない
       ・(CEV受給を見送り80万プランを待った結果、敷居が高く断念せざるを得なくなったらどうなる?と問いに)→それは経産省の考え方を聞いてください。

      次に経産省に電話確認
       ・環境省実施の補助金とCEV補助金は併用はないだろう。
       ・(1か月しかないCEV補助金申請期間では、待つか申請するかの判断に迷う人が多数出ると思うが?の問いに)→ただ、この件については「協議中」で、順次環境省HPに掲示するので確認してほしい。(回答に窮しての”取り敢えず対応”?)。
       ・年内は12/28が最終日、年始は1/4から仕事始め。
       ・(早い人は1/20に1か月の期限がくるが間に合うのかの問いに)→それはわからない。

      とのことでした。

      確定40万円狙いなら「申請」、80万円を得られるか勝負するなら「待ち」となるようです。
      当面は各省庁HPを要チェックするしかないようです。

      皆さん、あまりいい確認調査にならずすみませんでした。
       

      +10
      • #40867返信
        アバターKevinY

        参考になります。
        見切り発車の状況ですね。

        +2
      • #41159返信
        アバター五十路クライマー
        • テスラ紹介コード: http://ts.la/takahisa23778
        • 車: Tesla Model3 SR+

        デスラー総統様、
        私は2月末納車でしょう?でモデル3の納車日決定を待つ身なのですが、今回の補助金の事が気になり、デスラー総統様のように経産省、環境省に電話して聞いてみたりしましたが、やはり不明な点が多かったです。
        そこで視点を変え再エネ100%の電力も取り扱ってるGREENa電機にメールで問い合わせてみました。個人用GREENa RE100は今回の補助対象になりますか?
        返答は以下のようでした。
        【回答】
        このたびはグリーナでんきへの切替のご検討をいただきまして、誠にありがとうございます。

        環境省の「再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用したゼロカーボン ライフ・ワークスタイル先行導入モデル事業」のことかと存じますが、
        弊社の「RE100プラン」にご契約いただいた場合でしたら、
        「(b)再エネ電力メニューの購入」として当該事業の適合の対象になると認識しております。

        また申請する際にも念のため環境省にご確認をいただければと存じます。

        少しでも参考になれば幸いです。

        環境省の新電力会社の応募ってところも気になりますが…

        +4
      • #41175返信
        アバターテスラー総統
        • テスラ紹介コード: https://ts.la/hironobu73124
        • 車: 白パフォーマンスFSD無

        rockclimbingさま、
        貴重な情報有難う御座います。

        いまだ環境省のページはその後の変化がないですね。どうしたものか悩ましいです。私の場合、車検証の登録日が12/21の直後だったので、もうあまり時間がないんです。
        いっそのこと、CEV補助金40万円を確定してしまおうかとも考えています。というのも、あまたある新電力プランのうちどれが適合するのか不明ですし、現状のCEV補助金が経産省で、新電力調達セットのほうは環境省なので、もしや両方いただけるかもという、万一にかけたスケベ心もあるものでw。
        (経産省、環境省ともに「重複需給はない、タブン」と回答しているので難しいでしょうが)。

        +4
    • #40857返信
      アバターテスラー総統
      • テスラ紹介コード: https://ts.la/hironobu73124
      • 車: 白パフォーマンスFSD無

      五月雨投稿、失礼します。備忘録も兼ねてここに書かせていただいておりますw。

      東京都にも「電気自動車の普及事業 補助金」について、国同様の増額案はあるのか確認しました。以下、先方談
       ・現状、国に連動しての金額の変更の話は出ていない。
       ・東京では、変更があれば4月からということになるだろう。ただ、変更があっても増額とは限らない。コロナ問題へ予算配分が増えれば本件が減額にならないとも限らない。
       ・現在のところ、申請締め切りは「購入日以降1年以内」なので、様子を見ていただくことは可能。

      とのこと。
      とりあえずは3月初旬位までは待ちでしょうか。皆さんどう思いますか。

      +5
      • #41178返信
        アバター五十路クライマー
        • テスラ紹介コード: http://ts.la/takahisa23778
        • 車: Tesla Model3 SR+

        悩ましいところですね。
        経産省、環境省もある程度煮詰めてから発表して欲しいですね。

        +1
    • #41375返信
      アバターテスラー総統
      • テスラ紹介コード: https://ts.la/hironobu73124
      • 車: 白パフォーマンスFSD無

      再び環境省に連絡しました。以下、先方談。
      ・CEV補助金と環境省の今般の事業はいずれも国の施策なので、「重複申請はできない」。
      ・CEV補助金期限切れの話は、昨年末にEVを購入した人から同様の問い合わせが多いが、30日期限については経産省の管轄なので先方に確認してほしい。
      ・今般の「EV購入+再生エネ供給」の法案の詳細は、1月末から2月初旬にかけて、環境省のHPに掲載する。

      電話を進めていると、ここで気になる話が・・・

      ・再生エネ契約は東電含む複数の会社のプランがあるが、環境省HP一番下にある別紙1を見ると、再生エネ契約後その電力をEVに供給することが必要かも(これも環境省担当者談)
      http://www.env.go.jp/air/cms_a-taiki_s1/pr_moe.pdf

      私はマンションなので、再生エネ契約は可能でも、供給は充電器の設置という難題が残ります。おそらく、EV供給の約束は無くても大丈夫だとは思うのですが、もしもNGの場合、CEV補助金も環境省案件も受け取れないというワナにはまる可能性もある???
      昨年12/21以降の登録の方、どうされますか?

      以上、ここまでの情報共有でした。

      +9
    • #41417返信

      12/24納車で、同じように経済産業省、環境省に電話問い合わせしました。
      経済産業省では、EV補助金と今回の補助金とは別物であること、EV補助金は令和3年度もおそらく現状のままになるように調整中であること、今回の補助金は家電などを使えるための外部出力電源を有するEVが対象であること、また充放電設備/外部給電器を設置する必要がある、とのことでした。充放電設備/外部給電器とは具体的に何を指すのかと聞くと、V2H機器のことと考えて良いとのことで、EV補助金40万円もらったなら、V2H機器を設置もしていれば最大20万補助金が出る、あくまでもEV補助金と合わせて最大60万円とのことでした。対象EVとV2H機器の設置を同時にした場合に、V2H機器に最大20万円補助金が出ると思ってよいとのことでした。
      環境省の方への問い合わせでは、100%再エネ電力調達の要件として、自宅で太陽光発電をしていて、売電電力が買電電力を上回っている場合にこれに該当するのか聞いたのですが、売電の場合は対象外になっているが、そういう問い合わせも何度か来ており、協議中とのことでした。ちなみに環境省の補助金には30日という期限はなく、期限があるのは経済産業省の補助金のみとのことでした。経済産業省も環境省も、令和2年度の補助金との併用はできないとのことでしたが、EV補助金とは別の補助金なのであれば申請できるのでは、現行の補助金に30日という期限があるのになぜわざわざ12/21〜を対象としているのかと聞くと、一旦現行の補助金を申請した後での申請の取り消しや追加申請、再申請ができるのかも協議中とのことでした。おそらく1月末か2月頭には具体的内容をホームページに出すとの事でした。
       私の場合、経済産業省の補助金の要件には適応しない事と、自宅がオール電化の関係で電気契約をあまり変えたくないことがあり、とりあえず現行のEV補助金の申請を先日行いました。今回の補助金は、聞こえは補助金額の増額のように聞こえますが、要件が結構厳しく、対象になる人はかなり少ないのではないか、と思いました。再エネ100%の方がハードルは低いでしょうか。
      ちなみに環境省も経済産業省も、具体的な事を確認して折り返し電話します、と言ったきり未だ連絡は来ていません…。

      +4
    • #41423返信
      アバターテスラー総統
      • テスラ紹介コード: https://ts.la/hironobu73124
      • 車: 白パフォーマンスFSD無

      経産省にCEV補助金を申請したうえで、環境省発表の内容いかんで
      CEV補助金辞退 → 環境省プラン申請
      ができるか確認してみました! すると、
      タイミング次第では1か月の縛りでなく2か月くらいになることもある。詳しくは次世代自動車振興センターに聞いてください、とのこと。

      そこで同センターに電話。以下センター担当談
      ・CEV補助金申請は、EV購入代金の入金から1か月と数えることができるので実質期間が伸びることがあるが、テスラはそのシステムじゃないと思うので無理。
      ・CEV補助金を申請し受理され交付される段になったあと取り消し・返納になる例はある(事故廃車などで車両を保持できなくなる場合など)
      ・だが、交付後辞退が可能かはわからない。ちなみに年度末は交付までかかる時間が短い。
      ・なお、経産省実施の増額プランはテスラは対象外。なぜなら1500Wの電源を装備していない車両なので。
      ・ただ、環境省のプランのことはわからない。我々は経産省から仕事を受託しているだけなので。

      ということでした。何の役にも立たない情報ですみません。

      私としては、一旦申請を済ませておこうかと・・・ついさっきまで思っていましたが、後処理も面倒なので、今回のCEVはスルーして環境省プランを待つことにします。結果交付されなかったときは報告しますので、その時は皆さん笑ってくださいw。

      +4
    • #41424返信
      アバターまろ

      こんにちは。
      小泉環境相が、会見での質問で自家発電ではなく再エネ100%プランへの乗り換えでも良いと回答されていました。
      最終決定まではわかりませんが、その方向性で最終決定していただきたいところですね。

      また、12/22の発表資料で、環境省の補助対象者は以下の記述となっており、これをみる限り、V2Hは条件に含まれていないように思います。
      ーーーーーーーー
      ②補助対象者
      「再エネ100%電力調達」及び「モニター制度」(2.1(2)参照)の要件に適合することを前提に、「電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車」を購入する個人や民間事業者(中小企業)、地方公共団体等。
      ※更に「充放電設備/外部給電器」を購入する場合、災害時等における地域への貢献等を要件に購入費・工事費の一部も補助対象となります。
      ※再エネ100%電力調達に関する費用は補助対象にはなりません。
      「再エネ100%電力調達」については、原則として以下の手法により使用電力を再エネ100%にしていただく必要があります(組み合わせて再エネ100%達成も可)。
      (a)自家消費による再エネ電力調達(専用線を活用する場合を含む)
      (b)再エネ電力メニューの購入
      (c)再エネ電力証書の購入
      具体的な調達方法などは今後、環境省HPにてお知らせします。

      参考;
      https://www.meti.go.jp/press/2020/12/20201222006/20201222006.html
      ーーーーーーー

      そういえば最近、電力卸価格(JEPX)の高騰により、自然電力など市場連動型の電気料金を採用している電力会社のプランにおいて、電気代が10倍以上に跳ね上がっているという話も出ていますね。
      このフォーラムを見ていらっしゃる方はよく調べるので問題ないと思いますが、補助金申請のために再エネ100%電力プランへの乗り換えが一気に進むと思いますので、よく調べてから契約した方が良いですね。(この辺りの情報もフォーラムで盛り上がれば良いなと思っています)

      +3
13件の返信スレッドを表示中
返信先: 経産省、環境省のEV補助金詳細発表
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

トップへ戻る