テスラが完全自動運転対応チップへ換装開始!

こんにちはテスカスです!

ツイッターでは有名なイーロン信者ソフは、HEPAフィルター交換後の書類にHW3.0への換装が記された項目を発見しました。

彼が所有している車両は2018年4月に製造されたモデルSのP100D、MCU2、HW2.5。

オーダー時にFSDオプション(完全自動運転)は購入済みだったとの事。

 

 

イーロンマスクは以前こんなことを言ってました。
 
イーロンマスク
イーロンマスク

HW3.0への換装は2019年12月くらいからかなー。

イーロンが時間を守った!!?

守ったどころか前倒しで実行しています!

こんなこともあるんですね・・・

 

ちなみにサービスセンターで換装のリクエストは受け付けておらず、FSD購入者にはテスラ側のタイミングで取り付けられるみたい。

40万台以上も換装する必要有り

2019年6月までにデリバリーされたFSD対応車両だけでも53万台あります。

そのうちの80%がFSDを購入していたと考えても40万台近く換装する必要が。

 

先は長い。

しばらくモデル3は対象外

ソフがサービスセンターで聞いた話によると今後しばらくはモデルS、Xのみ対象とされるみたい。繰り返しになりますが、現段階では換装をリクエストする事はできず、何か別のメンテナンスついでに行われます。

 

なお現在製造されているモデル3、S、XはすでにHW3.0に切り替わっているとされており、FSD購入者は将来的に完全自動運転の恩恵を受けることが出来ます(多分)

 

テスラがユニークなのはFSDオプションを購入していなくてもHW3.0をつけてくれるという所です。もし本当に完全自動運転が実現したら、そのタイミングで購入することが可能。

 

イーロンマスクは今後、段階を踏んでFSDオプションの販売価格を上げていくとしており、次回の値上げはV10のリリース時であると予告されています。

V10で搭載されるスマートサモンにかなり自信ありと言った所でしょうか!

コメント

トップへ戻る