テスラの自動運転は台風の日に使える?セントリーモードは暗闇でも機能する?

こんにちはテスカスです! このブログではほぼ毎日テスラや電気自動車に関連する記事を更新しています。 ツイッターでもつぶやいていますので、フォローよろしくお願いします。
質問箱に寄せられた質問について分かる範囲で回答し、掘り下げていきます。
 
 

テスラはLiDARではなくカメラですが、夜や雨などでは周りの車検知は弱いのですか?
オートパイロットやセントリーモードは夜でも大丈夫ですか?



カメラだけで本当に大丈夫なのか??

テスカスの考え。

正直、カメラ、ソナー、ミリ波レーダーだけで全天候対応は無理だと思います。

と言うのが正直なところです。

※オートーパイロットを完全自動運転(FSD)と捉えた場合

理由は以下の通り。

大雪が降って、どれか1つでもカメラが塞がれる⇨完全自動運転不可
濃い霧⇨完全自動運転不可
 
 
このような視界が悪い天候の時って人間でも運転はやめとこうってなりますよね。
だから今テスラがやっている事が大きく間違っているとは思いません。
 
人間が運転出来る環境下で人間より安全に運行する事ができるFSDを低コストで実現する最短ルートだと思います。
 
 




大雨の日もFSDは厳しい??

Night storm in autopilot car

この動画は嵐の夜にテスラがどのように周囲を見ているか解析したものです。

1:21あたりから度々、前方間近にあるトラックを見失っています。

幸い、画角の異なる他のカメラは認識してますし、ソナーもあるので接触事故はならないでしょうが。。

嵐の夜はさすがにFSD任せは怖いかも。

バックカメラは雨粒で視界湾曲

Night storm in autopilot car

カメラがぶら下がっている構造上、レンズ前に雨粒が溜まりやすいです。

見た所、エアーを吹きかけて雨粒を飛ばすようなギミックも見当たりませんね。

それでも他のカメラと情報がリンクしているでしょうから、車線の予測はある程度正確に出来ていそうです。

またヘッドライトは認識できていますが、視界悪すぎです。



暗闇でセントリーモードは機能するの?

よっぽど真っ暗じゃない限り大丈夫。

セントリーモードは多くの家庭用警報システムと同様に「スタンバイ」状態になり、潜在的な脅威を検出するために車の外部カメラを使用します。

Tesla

もしカメラだけを入力デバイスにしているなら、全く光がない状況であれば検知のしようがありません。

完全な暗闇で車の周囲をウロウロされても、警告はオンにならない可能性が高いでしょう。

ソナーも使ってれば暗闇でも検知できそうですが。

Tesla Mode 3 Sentry Mode Day + Night Footage

1:30あたりをチェック

この程度の暗闇であれば機能するので、セントリーモードは多くのシチュエーションで使えると判断しています。

もし自宅でのイタズラを防ぎたいなら、センサーライトなどを設置して光量を足してあげるという手もあります。




ちなみに

万能と思われがちなLIDARですが、ワイパー付きです。

少しかわいい。

モデル3、X、Sを検討されている方へ
テスラ紹介コードを使ってモデル3、モデルS、モデルXを購入すると7500km分のスーパーチャージャーが無料で付与されます!
※7500kmの付与は5/28まで。以降は1500km。
本日の記事は以上です! 当ブログが少しでもお役に立てたならリツイート、いいねよろしくお願いします。
テスラ
シェアする
⚡︎ テスカス ⚡︎

コメント