【テスラ初!】モデル3がトップセーフティーピック+の認定を受けました!

こんにちはテスカスです!

モデル3がIIHS(米国道路安全保険協会)基準で最も安全な称号『トップセーフティーピック+』を獲得しました。

検査に使用された車両が現在販売されていないミッドレンジと言うのは非常に気になるところ。。。

評価

正面衝突、サイド、ルーフの強度、シート設計共にほぼ全て最高評価

唯一評価を少し落としたのは運転席(左ハンドル)足元の負傷リスクでした。

正面

2019 Tesla Model 3 driver-side small overlap IIHS crash test

画像:IIHS

画像:IIHS

評価を落としたと言っても上から2番目の「許容」と言う評価です。

車内動画をよーく見てみると衝突時も15インチモニターが正常に作動している事がよく分かります。

ヨーロッパ圏内のモデル3は事故の時にeCallシステムを通じて救急車の手配が可能。

自動車衝突事故に遭遇した人に、どの場所でも素早い援助を提供することを目的とした欧州委員会のプロジェクトである。事故発生時には、車載の通信ユニットが、エアバッグ・衝突センサー情報、発生位置(GPS座標)を、センターへ自動的に連絡する。2018年4月1日から欧州連合内で販売される新車への装備を義務化している。

ちょっとやそっとの事故ではモデル3のシステムはダウンしないことが分かります。

サイド

2019 Tesla Model 3 side IIHS crash test

画像:IIHS

サイド衝突に対する安全性は最高評価を獲得しています。

ここでもモニターは生きてるのが分かります。

ただサイド窓ガラスは飛散防止仕様ではなく、容赦無く破片が飛び散るのでご注意を。

同価格帯・車格でモデル3と肩を並べるのは以下の3車種

2019 BMW 3シリーズセダン

画像:IIHS
2019 レクサス ES350

画像:IIHS
2019 メルセデスベンツ Cクラスセダン

画像:IIHS

このクラスにアウディは不在。

アウディはe-tronが大型SUVとしてトップセーフティピック+を獲得済み。

堅牢なバッテリーパックフレームは伊達ではありません。

キャビンスペースは完全に守られてますね!あっぱれ

画像:IIHS

画像:IIHS

コメント