フォーラム  モデル3オーダー統計

モデル3スタンダードレンジプラスのスピーカーについて!

こんにちはテスカスです!
質問箱に寄せられた下記のことについて回答していきます。

standard range plus はこのスピーカーのうち、どれが生きているんでしょうか?

スポンサーリンク

スタンダードレンジプラスで有効になっているスピーカーはどれ??

※一部修正2019/5/5

スタンダードレンジプラスでは上記8つのスピーカーが有効になっています。

サブウーファーとアンプはハードウェアそのものが取り除かれていますが、

フロントAピラー上部のスピーカーAピラー付け根のツイーターリアヘッドレスト裏のスピーカーはハードウェアがインストールされているにも関わらずソフトウェアロックが掛かっており、音は鳴りません。

テスラお得意の生産効率を意識した構成となっております。

ちなみにロングレンジ、パフォーマンスは以下のスピーカーが有効になっています。


ロングレンジ、パフォーマンスのスピーカー配置図

サブウーファー
アンプ
200mmウーファー
100mmフルレンジ
25mmパッシブツイーター
HI DEF AUDIO
1025mmアクティブツイーター

合計14スピーカー、1サブウーファー、2アンプとなっています。

音楽をフルで楽しみたいならロングレンジ以上のモデルを検討した方が良いかもしれません。

ただ、アメリカでスタンダードレンジプラスを納車した人の中には

十分素晴らしい。

と語っている人もいるので、こだわりが全然ないのであれば下位グレードでも十分でしょう。

運転席周りのスピーカーだけで8個もありますから普通の車よりは良い音だと思います。


 そのほかインテリアの違い

機能スタンダード
レンジプラス
ロングレンジ
パフォーマンス
自動折りたたみサイドミラー(防眩、ヒーター付)
ガラスルーフ(紫外線、赤外線カット)
シートヒーター(フロント)
インテリアカーペット
ドームライト(車内灯)
標準マップ
カーナビ(渋滞考慮ルート案内)
ブルートゥースオーディオ、FMラジオ
ソフトウェアアップデート(WiFi経由)
ドライバー設定
電動テレスコピック
パワーシート(12way)
LEDフォグランプ
4USBポート、スマホスタンド付きセンターコンソール
ビーガンレザーシート
シートヒーター(リア)×
フランクマット×
アンビエントライト(ドアポケット、フット)×
衛星写真、視覚化された渋滞情報×
ストリーミング音楽
×
Webブラウザ×
オーディオ8スピーカー14スピーカー
1サブウーファー
2アンプ

大きな違いはやはり音楽関連ですね。

スピーカーが大きなウエイトを占めています。

なおストリーミング音楽は日本では配信されていないため、ネットラジオがスタンダードレンジプラスでも視聴可能のようです。ただし、実際に日本でモデル3の販売が始まるまで何とも言えません。

スタンダードレンジプラスとロングレンジRWDの価格差は約70万円、航続距離が140km伸びて音楽も楽しめるとなると、悩みどころですね。

参考資料

テスラモデル3パーツカタログ

オーナーズマニュアルに次いでマニアックな資料です。暇つぶしには最適。

Tesla Model 3 Standard Plus Partial Premium vs Premium Audio Comparison

一つの動画内でパーシャルプレミアムとプレミアムのオーディオを聞き比べています。

分解してスピーカーの存在を確認。

もし私が勘違いしているところがあればこっそり教えてください笑


コメント