モデル3のステアリングにビーガンレザーを採用、100%レザーフリーに!

こんにちはテスカスです!

テスラ車のシートがビーガンレザーであることはあまりにも有名ですが、ステアリングには本物の革が使われていました。

 

2019年夏より、モデル3のステアリングにビーガンレザーの採用を開始し、シートも含め100%レザーフリーへ。

 

イーロンマスクは今年開催された年次総会で「来年の総会までにモデル3とモデルYは100%レザーフリーにする」と宣言していました。

 

イーロンマスクが時間を守った!!!

画像:テスラ

パーツリストを見ると確かにレザーの文字が。そのうち更新されるでしょう。

 

また、ファンからの問いかけに対して次のように答えています。

 

 

ステアリングも含めてレザーフリーになったの?

はい、ステアリングも含めて!

 

既存オーナーもビーガンレザーへ交換可能

画像:ツイッター

ビーガン、環境活動家、元レーサーのレイラニ・ミュンターは早速ステアリングを交換したようです。

 

テスラモバイルサービスで交換可能、費用は600ドル
(ステアリング550ドル、工賃50ドル)

彼女は以前のステアリングよりも「柔らかくなった」とコメントしており、感触は従来のものと異なるようです。

タイミング的には日本のモデル3も100%レザーフリーに切り替わっている可能性は十分あり。

 

テスラは今まで、耐久性が革を超えてからでないとビーガンレザーを採用してきませんでした。

 

ステアリングは手の汗汚れがダイレクトに付着する部分。ビーガンレザー採用に数年を要したと言うことは、耐久性が革よりも向上しているはず。

 

 

触り心地や耐久性がよくなってるなら嬉しい変化。

コメント