モデル3の気になる通信プランについて!有料?無料?

こんにちはテスカスです!
質問箱に寄せられた下記のことについて回答していきます。

日本のテスラ に聞いたのですがスタンダードレンジプラスでネットラジオを聴くにはアメリカと同じであれば年間約1万円はらえば使えると聞いたのですが渋滞情報は無料の通信分でいけるのでしょうか?



渋滞情報は無料の通信プランに含まれているか??

前提としてスタンダードレンジプラス以下のモデルは課金して渋滞情報を見れるようにはなりません。2019/5/4時点

日本だけ特例にするのであればその限りではありませんが。

 

結論を書くと

スタンダードレンジプラス以下のモデルで視覚化された渋滞情報を見ることは出来ません。
スタンダードレンジプラス以下のモデルは渋滞を考慮したルート案内には対応していますが、渋滞情報をマップ上で視覚的に見ることは出来ません。

 

このへんは日本でまだ整理された情報がないので、アメリカのテスラからの情報を引用、翻訳して掘り下げていきます。

 


ネットラジオはスタンダードレンジプラスでも聞けるのか?

テスラジャパンのページにはスタンダードインテリアでもネットラジオの視聴は可能と表記されていますが、情報が古いためモデル3販売開始までは正確な判断は出来ません。

 

現在、モデル3におけるインテリアのグレードにはスタンダードパーシャルプレミアムプレミアムの三種類がありますが、テスラジャパンのページではそのことが言及されていません。

 

そもそも通信プランなんてあるの??

本国アメリカでもまだ始まっていませんが、2019年後半から以下の通信プランが用意される予定です。

 

スタンダードコネクティビティ 無料

 

基本的な地図とナビゲーション、Bluetooth®による音楽とメディア、そしてWi-Fiによるソフトウェアのアップデートを提供。
 注:重要な安全上の最新情報は自動車の車載通信を通じて入手可能。

 
 
プレミアムコネクティビティ 年間100ドル

 

衛星ビューマップ、視覚化された渋滞情報、ストリーミング音楽とメディア、ウェブブラウザ、Wi-Fiと車載通信を介した無線ソフトウェアのアップデート。

※モデル3では価格が違う可能性が示唆されています。2019年後半に明らかになります。

 
 

ロングレンジ以上のモデルを購入した人は最初の一年間プレミアムコネクティビティが無料になり、以降は年間100ドルかかる予定です。

ロングレンジ以上の優位性が少なくなるので、現状スタンダードレンジプラス以下のモデルが課金しても、ロックが解除されることはないと思われます。

 

とは言えテスラのことなので、どうなるかは分かりません。

今言えることは

アメリカでも有料プランは始まっていない
アメリカでも下位グレードが課金ロック解除してプレミアムにアクセスしている事例はない
 
ということになります。


通信プランに関するFAQ

Premium Connectivityはどこで購入できますか? 

テスラの所有者は車内のタッチスクリーンを通してプレミアムコネクティビティを購入することができるでしょう。
今年の後半にはこの機能を導入する予定です。
 
 
 

Premium Connectivityは返金されますか? 

プレミアムコネクティビティの購入は払い戻しできませんが、車の販売または所有権の移転が行われても有効のままです。
 
 
 

スタンダードコネクティビティを搭載した車は、無線によるソフトウェアアップデートが提供されますか? 

はい。 Standard Connectivityを搭載したすべての自動車は、引き続きソフトウェアの更新を受け取ります。 テスラの所有者は単に更新を受け取るためにWi-Fiネットワークに接続する必要があるでしょう。 注:重要な安全上の最新情報は、自動車の車載通信を通じて引き続き入手可能です。

 

 

スタンダードコネクティビティはルート案内のクオリティに影響しますか?

いいえ。スタンダードコネクティビティを搭載したすべての車は、トラフィックベースのルーティング、トリッププランナー、スーパーチャージャーストールの可用性など、プレミアムコネクティビティを搭載したものと同様のマップおよびナビゲーション機能を引き続き使用できます。
プレミアムコネクティビティは衛星ビューマップと渋滞情報の可視化を追加します。
 
 
 


 

 

接続プランはオートパイロットに影響しますか? 

いいえ。車のソフトウェアが最新の状態に保たれている限り、接続プランはオートパイロットに影響しません。
Standard Connectivityをお持ちのお客様は、Wi-Fi経由で最新のアップデートを入手できます。
注:重要な安全上の最新情報は、自動車の車載通信を通じて引き続き入手可能です。
 
 

中古のTesla車はこのポリシーの影響を受けますか? 

2018年6月30日以前に購入したすべての中古Tesla車は、車がアクティブである限り、上記のPremium Connectivity機能を無料でご利用いただけます。
2018年7月1日以降に購入されたすべての中古Tesla車は、接続性サービスレベルが車の販売または所有権の移転を通じて引き続き有効であるため、Standard ConnectivityまたはPremium Connectivityのいずれかを使用します。 プレミアムコネクティビティは、車内のタッチスクリーンから購入できます。
 
 

これらは全てアメリカの事例です。日本の対応はいつどのようになるかは不明です。

 

参考ページ

テスラサポート


 

コメント