テスラはドラレコメーカーを一掃するかも知れない。

こんにちはテスカスです!

あおり運転対策でドライブレコーダーを付けている方が非常に増えてきています。何かあった時の決定的な証拠となるので、もはや必須とも言えます。

前方だけを記録するドラレコだけでなく360°録画できるモデルも出てきていますが、5、6万円するものが多く、普及はこれからと言った所でしょうか。



アップデートでドラレコ機能を追加

テスラは2018年9月、オートパイロット用の前方カメラをドライブレコーダーとして使用できるアップデートを発表しました。あくまでも自動運転のためのカメラなので既存のドラレコよりも画角は狭いです。

しかし車のソフトウェアをアップデートするだけでドライブレコーダー機能が付くってすごい事ですよね。将来活用できそうなハードウェアを最初から付けておいて、ソフトウェアの準備ができたら機能を解放していく企業はテスラだけです。

特にカメラというのは汎用性が高く、その後のソフトウェアの発展により掛け算並みの威力を発揮するのが面白い所です。

さらに進化し360°録画に対応?

そして2019年1月、イーロンマスクは新たにこんなツイートをしました。

イーロンマスク
イーロンマスク

近日、『見張りモード』をエンハンストオートパイロット付きの車につける予定だよ。

オートパイロット用に備えられた360°見渡せるカメラの映像をドラレコとして使用できるようになる事が予想されています。

注意しなければならないのが、イーロンマスクは見張りモードを追加すると言っただけで後ろと左右計5個のカメラをドラレコ用に解放するとは言ってない点です。

上記のツイートの様に車体の横に傷を付けられることもあるので、テスラオーナー達は後ろと左右のカメラの有効化を強く望んでいます。

今回のツイートでは少なくとも、駐車している間をずっと記録してくれる様になったり、人の顔を認識してその前後を映像として記録。なんて事が予想できますね。

オートパイロット用のカメラは毎秒ものすごい数の画像を処理する必要があるので左右4つのカメラはデーターサイズの大きいカラーではなくモノクロ映像の可能性が高いです。



アメリカではモデル3の車上荒らしが多発

モデル3のリア三角窓は、割られてもアラームは鳴りません。

この穴から手を伸ばしトランク内を物色するそうです。アメリカでは車上荒らしの検挙率が低く、被害が後を絶たない。こういう時に左右のカメラで録画出来ると良いのですが。。。

まとめ

テスラは物凄い勢いでアップデートを発表し続けており、どんどん利便性が高くなっていってます。自動車の再発明が着々と進んでいるのを身をもって感じる事ができるメーカーです。

イーロンマスクのツイートには今後も目が離せません!!



コメント

  1. […]  テスラはドラレコメーカーを一掃するかも知れない。teskas.net2019.01.24 […]