返信先: Looopでんき市場連動型へ移行

#67539
Z444

    「翌検針日からアクアエナジー100になります」と担当者から電話があった翌営業日に、東電から「容量が確認できないのでスタンダードXで手続きをさせて頂く」とのメールがあり、どうなってるの?と電話でプチ抗議を入れた甲斐あり、本日からアクアエナジー100(60A)に切り替わ(ったはず?)りました。いやー、ぎりぎりでした・・
    自然でんきのまま行ってたら、1月の燃調費計算で使用量600kWh辺りで月額4,000円の差ですから、大きいです。自宅での充電時間には余裕があるので、暫くは200V 10-15A充電で凌ぎます。国の価格激変緩和対策事業は、2-9月検針分から7円/kWh値引くと単価が決められているためか、東電の値引き方法の説明でも「基本、燃調費を値引くが、燃調費がないアクアエナジー100は、請求金額から使用量に応じて値引く」と表明しており、自然でんきとの差は縮まらない形で値引かれるようです。

    トップへ戻る