テスラ、5/4にカリフォルニア州工場を操業再開!それまで全役員、従業員の給与最大30%削減・・

こんにちはテスカスです!

テスラが4/7の夜に従業員へ送ったメールがProtocolに流出しました。

そのメールによると、5月4日に米国の工場再開を予定しており、閉鎖された工場を再開するまで、役員と従業員の給与を削減し、リモートで働くことができない従業員は解雇するとのことです。

給与削減の割合は副社長以上は30%、役員は20%、従業員は10%カットされ、さらに昇給、株式付与も一時停止されます。米国以外の法人でも減給が実施されますが、現地の法律に合わせて割合は変化するとのことです。

少なくとも米国では多くの従業員が通常の給与とほぼ同額の失業給付を受けることが可能。テスラは失業給付を申請するためのオプションを従業員に通知します。

メール全文

皆さん、こんにちは。

この前例のない時期に、テスラのミッションに引き続きご尽力いただき、ありがとうございます。不確実な状況は容易ではありませんでしたが、世界中の変化に対応しながら、お客様の安全と情報を確保するためにできる限りのことを行っています。

私たちは最低限の重要なオペレーションのみを継続していますが、米国の工場では、重大な変更がない限り、5月4日には通常の生産を再開すると予想しています。それまでの間は、長期計画の達成に向けて行動を起こすことが重要です。

4月13日(月)より、コスト管理のためのより広範な取り組みの一環として、以下の行動を実施します。これは、このような困難な時期にも前進できるように、全社で犠牲を分かち合うものです。

給与所得者の給与は一時的に減額されます。

米国の従業員の場合は、副社長以上が30%、取締役以上が20%、その他の従業員が10%の減額となります。
米国以外の従業員についても同様の減給がありますが、その詳細は現地の法律やワーク・カウンシルに基づき、現地のリーダーシップ・チームから連絡されます。
これらの削減は第2四半期末まで実施される予定です。
自宅で仕事ができず、現場での重要な仕事に割り当てられていない従業員は、一時外出禁止となります。

一時外出禁止期間中も、あなたはTeslaの従業員であり(無給)、医療費は支給されます。休暇が終了し、経営陣から復帰の指示があるまで出勤することはできません(5月4日を予定)。
近日中に、あなたの州の機関を通じて失業給付金を申請する方法の詳細が記載された一時外出禁止の通知がEメールで送られます。
大多数の社員には、失業給付金は通常の手取り額とほぼ同等の額が支給されます。
特定の従業員は重要な機能に割り当てられ、彼らは現場で報告し続けることになります。これらの従業員には、上司または人事パートナーが直接連絡します。
人事考課サイクルのために。

給与と時給の調整は保留されます。
エクイティ助成金も同様に保留となります。
一部の社員が希望しているように、自主的に休暇を取得したい場合は、上司や人事パートナーに相談してください。

引き続き状況を注視し、社員の安全を第一に考えております。例年通り、現場にいる方は、体調不良や出勤に不安がある場合は、上司に連絡して安静にしていてください。

あなたの判断を尊重し、ペナルティを課すことはありません。人事関連のご質問は、人事パートナーに連絡するか、電子メール[アドレスを再編集]でお問い合わせください。

私たちの会社の成功のために皆さんがしてくださっていることに、本当に感謝しています。

ヴァレリー・ケイパース ワークマン|北米HR+担当

出典:CNBC

日本向けのモデル3は・・・?

公式サイトでも何の案内もないので、不安は募るばかりです。
何よりコロナの収束が一番の優先事項ではあるので、ひたすら信じて待つしかない現状なので、そこは変わらないのですが・・・。
先日ショップに寄った際も、スタッフが「我々もアメリカから連絡がなくてそわそわしてる」と言ってたので、全く読めない状況ですね。

@TOSHIKI_V

本来は2020年5月に納車が予定されていましたが、当フォーラムに寄せられた情報ではテスラ日本法人もアメリカ本社からの連絡待ちとのこと。

2019年9月末〜年末までに納車された車両は2019年5月以降に生産されており、2020年5月納車予定だった一部の車両はすでに生産完了している可能性があります。

生産完了していても出荷部門が停止してれば5月納車は絶望的と思われます。

コメント

トップへ戻る