フォーラム  モデル3オーダー統計

テスラジャパンの販売台数が判明!?モデルS、モデルXの気になる売れ行き!

こんにちはテスカスです!

タイトル通り、今日はテスラジャパンの販売台数について書いていこうと思います。

テスラジャパンでは日本における販売台数を非公開にしているので、他メーカーのように詳細に知る術はありません。今回ご紹介する方法は正確な数字を割り出すことは出来ませんが、月単位でモデルSとモデルXの売り上げを割り出すことが出来ます。誤差はおそらく、ひと月5〜6台程度。

では掘り下げていきます。

スポンサーリンク

JAIA 日本自動車輸入組合

日本自動車輸入組合(Japan Automobile Importers Association)略称JAIA 「ジャイア」は、外国の自動車メーカーと直接輸入契約を結ぶインポーター(いわゆる正規代理店)によって構成される業界団体である。

Wikipedia

この団体のHPにアクセスすると輸入メーカーの販売台数が詳細に見ることができるのですが、肝心のテスラだけはリストに入っていません。

なーんだ。テスラは加盟してないのか。

という程度の認識でいたのですが、よく調べてみるとあることに気がつきました。

メーカー一覧の一番下に「Others」という項目が。主要メーカー以外のメーカーの販売台数がこの項目に集結されているのですが、どうやら数字のほとんどがテスラの販売台数なのです。



Othersの正体

上記の数字はOthersの2013/1~2014/12における販売台数です。

2014年8月が7台に対し2014年9月以降は41→38→30→137と激増しています。そしてこの日以降は常に10台以上の販売台数を記録し続けています。

これが何を示しているのか?

勘の良い方はお気づきでしょうが、販売台数が急激に増えている2014年9月というのは

テスラモデルSのデリバリーが始まった月なのです。

販売台数を公開したくないテスラジャパンと公開して欲しいJAIAの間で、何らかの取り決めを交わし、お互い譲歩した上でテスラの販売台数は表面上見えない形に落ち着いた、のではないかと推察します。


気になる販売台数

上記グラフがJAIAが公開している「その他メーカー」という名のテスラモデルS、モデルXの販売台数です。

四半期ごとに表示させているので、20台くらい引いた数がテスラジャパンの販売台数になるかと思われます。

2017年1月ごろからモデルXのデリバリーが開始しており、グラフにも顕著に表れていますね。

2014 Q358
2014 Q4205
2015 Q1162
2015 Q249
2015 Q386
2015 Q4126
2016 Q192
2016 Q255
2016 Q375
2016 Q4115
2017 Q1236
2017 Q2205
2017 Q3249
2017 Q4234
2018 Q1173
2018 Q2120
2018 Q3166
2018 Q4164
2019 Q1111

街で見かける頻度を考えると妥当な数字ですね。

もしかして。と思ってましたが、やっぱり販売台数はものすごく少ないです。

車両価格、テスラストアの数、スーパーチャージャーの数を考慮すると致し方ありません。



日本におけるモデル3の予約数も1500台程度(ストアスタッフ談)

そのうち3分の1は予約の事を忘れているでしょうから実質1000台程度の予約数と捉えていいでしょう。

モデル3販売後が楽しみ

推察が正しければモデル3のデリバリーが開始すると「Others」の項目、爆増すると思います。

パフォーマンス、ロングレンジAWD

ロングレンジRWD、スタンダードレンジプラス

スタンダードレンジ

という順番で右肩上がりのグラフを見るのが今から楽しみでしょうがありません。

皆様もよろしければJAIAのHPをのぞいて見てください。データをダウンロードする際はPCからじゃないと上手くいかないのでご注意を。

コメント