新型モデル3のエクステリア・インテリアレポート

こんにちはテスカスです!

11/26からラゾーナ川崎テスラストアで新型モデル3の展示が始まったので見てきました!

実車を見ないとわからない変更点がかなりたくさんあったので見に来れない方のためにレポートします。

大きな変更点

クロームデリート

ドアハンドル、モール、サイドミラーの付け根はブラックになりました。

私の車両は納車後半年くらいで白錆が出てきたので新型の方がメンテナンスは楽かと思います。

電動トランク

Model 3 2021 電動トランク

新たに電動トランクが採用されました。作動音はメチャクチャ静か!

任意の高さを記憶させることも可能。

以前は手を引っ掛けるための凹みが両サイドにありましたが、電動化に伴い省略されています。

フォーラムで何人か指摘されていたこの辺の塗装クオリティはあまり変わっていないみたいですね。見えない部分なので私は気になりません。

遮音ガラス

フロントサイドは遮音ガラスが採用されました。

サンゴバンによると遮音中間膜を合わせガラスに用いることで、車内の騒音レベルを30%低減可能とのこと。

グローブボックスにUSB

グローブボックス内の左側にUSB-Cが追加されました。主にセントリー用(ドラレコ)のUSBを挿すことが想定されており、グローブボックスにPINロックをかければ車上荒らし犯からデータを守れます。

電動シート操作スイッチに加飾

以前はただの黒いプラスティックでしたが、グラファイト仕上げの加飾がされています。

センターコンソール

ディスプレイの下には無接点充電のQii。

表面はサラサラした金属っぽい質感。非常にクオリティが高いです。サイドには合皮があてがわれ高級感アップ。写真で見るよりずっと好印象です。

決算発表では「まだ値段が高すぎるのでコストを抑え価格を下げていく」って言ってましたけど、こういうところにコストを掛け出したという事はこれから始まるEV値下げ競争にはあまり参加しないんじゃないかと勘繰ってしまいます。

あくまでプレミアム価格帯のスポーツEVセダンとしておきたいのかな。 

手前側にUSB-Cが2口。

奥は少しだけ奥行きがあって照明あり。横幅は旧モデルよりも狭くなっています。

その他インテリア

旧型は赤丸部分別れていますが、新型は一枚ものです。

噂ではすでにステアリングヒーターが仕込まれており、ホリデーアップデートでクリスマスプレゼントとしてソフトウェア配布されるのでは無いかと予想されています。

クリックホイールが金属製に。操作感は従来とあまり変わらない印象でした。

ピアノブラックの加飾からマットブラックへ変更されてます。ドアのイラスト部分は光ってました。

画像 https://www.teslarati.com/tesla-model-y-hidden-features-tidbits/tesla-model-y-magnetic-visor/

サンバイザーの受けクリップがマグネット式に変更されてます。これはモデルYと同じ改善点ですね。クリップ式より使いやすくなってます。

細かい変更点

リアクウォーターガラスのサプライヤーが変更

FUYAO(フーヤオ)というメーカーのものに変更されていました。

フォード、GM、スバル、VWなどの大手自動車メーカーを含む顧客を抱える世界最大の自動車ガラスメーカー。この部分のガラスはサンゴバンを使用していましたがサプライヤーを変更したみたいです。

フランク開閉音が変わった

フランク開けた時の音がかなり大きくなってます。

以前は「ガコッ」でしたが新モデルは「バコンッ」とかなり大きな音。

そしてフランクを閉めた時の「カチッ」という音がしなくなりました。これは好みが分かれそうです。ちなみにアームレストを閉めたときの「カチッ」という音も無くなってます。

リアガラスの熱線パターンが変更

以前はコの字状でしたが新モデルは直線状です。

熱線を起因としたガラス割れなどのトラブルが多かったので対策されたのかもしれません。

15インチディスプレイ下に謎のグリル

写真は15インチディスプレイの軸部分を真下から撮影したもの。以前は温度計が仕込まれていた所になります。グリル状になり開口部が大きく取られているので筐体からの熱影響を避ける設計なのかもしれませんね。

微妙に色が異なるモール

左が濃くて右が薄いですね。

光の当たり方ではなく、明確に色が違うように見えました。ウィンドウモールのブラックはパーツごとに色が異なる場合があるかも。

フェンダーカメラからテスラマークが無くなった

Tマークの刻印が消えました。

なんと今回のモデル3も左側のフェンダーカメラが映りません!!

個体差があるかもしれませんが覚悟しておきましょう。

省略されたアクセサリー

J1772アダプター、パンク修理キット、アームレスト下の小物置きが付属しないそうです。別売りするとのことなので欲しい方はあらかじめ問い合わせをしておいた方がいいでしょう。特にJ1772アダプターとパンク修理キットは必須アイテム。パンク修理キットは空気入れにもなる優れもの。気温が低くなりタイヤの空気圧が低下した時、必ず活躍してくれます。

10/31までにオーダーした方はJ1772アダプターが付属するようです。
情報源:kaza17さん

まとめ

モデル3は時間の経過とともに確実に良くなってます。電動トランクやグローブボックス内のUSBは旧モデルオーナーとしては羨ましい限り。おそらく目に見えない車両内部もかなり改善が進んでいるのではないでしょうか。

12月以降、全国各地で新型モデル3の納車が始まります。分からないこと、気になることがあればテスカスフォーラムの納車待ちトピックで皆さんと共有して解決に役立ててください。

コメント

トップへ戻る