モデル3の型式、いつどこで発表されるか考えてみた!

こんにちはテスカスです!

モデル3の自動車保険を検討するにあたって重要な情報。

それは型式です。

テスラの車両は型式不明となっているものがほとんどですが、モデル3は型式を取得するようです。

しかし、販売直前にならないと公開されないらしく、現状ではネットで保険見積もりをすることが出来ません。

モデル3の型式はいつ、どこで発表されるのか。

私が持ってる情報を書いていこうと思います。

型式をいち早く知るには?

一般財団法人次世代自動車振興センター

CEV補助金を出している一般財団法人次世代自動車振興センターのサイトを参照するのが良さそうです。

補助対象車両一覧でモデル3の型式が公開される見込みです。

オンライン上での公開はおそらくここが一番早いと思います。

次世代自動車振興センターに電話で問い合わせたところ

 

 

リストの更新は不定期。
新たに追加され次第更新しています

 

とのことでした。

テスラは更新が遅いかもしれない

モデルS、モデルXのモーターとサスペンションが新しくなると発表されてから、実際にリストが更新されるまで2ヶ月近くかかっています。

一方、日産リーフオーテックが出た際はプレスリリースと同じ日にCEV補助金対象車リストの更新が行われていました。

 

輸入待ちだったのかな?

 

テスラサポートに確認したところ「モデル3販売間近に発表」との事でした。

 

そもそも型式って?

自動車の型式認証制度は、自動車製作者等が新型の自動車等の生産又は販売を行う場合に、予め国土交通大臣に申請又は届出を行い、保安基準への適合性等について審査を受ける制度である。

「型式指定制度」は、現車によるブレーキ試験等の基準適合性審査と品質管理(均一性)の審査の結果、指定された型式の自動車について、新規検査時の現車提示が省略される制度。
主に、同一モデルが大量生産される乗用車に利用される。

国土交通省

型式指定の流れ

国土交通省によると型式認証は以下の流れとなっています。

申請
審査

●基準適合性審査●ブレーキ試験
●灯火器試験●品質管理(均一性)審査
型式指定

 

ということは実際に右ハンドルの車両が日本国内に入ってこないと、審査が出来ないのかもしれませんね。

 

品質の均一性はちょっと気になるな。

イギリスでは右ハンドルのモデル3がすでに輸入されていますが、イギリスと日本では仕様が少し違います。

EU圏内はeCall必須

eCallについては下記記事を参考にされてください。

右ハンドル市場で一番台数が出るのはイギリス。

たくさん作るんだったら、いっその事日本でもeCallシステム有りで販売してほしいものですね。

 

まとめ

モデル3の型式はまだ不明
CEV補助金リストを要チェック
販売ギリギリまで判明しない可能性有り
 
 

モデル3の型式が分かり次第ツイートします!
フォローよろしくお願いします

 

 

コメント