バッテリー劣化 via Scan My Tesla

  • このトピックには2件の返信、1人の参加者があり、最後にでるも3により3日、 6時間前に更新されました。
2件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #55102返信
      でるも3

      2021年6月納車のLRパナの74.5KWのフルパックの電池です。
      SCAN MY TESLAでチェックしていますが、最初は75K以上あったのですがは最近74K程度に劣化してきました。走行距離は13000K程度です。
      一時的なセルのばらつきがあると寝かせると戻ったりもするのですが容量が減ってきているのは事実だと思われます。

      概ね10000K走行に対して1KWの減少で初期容量(75.4KW)から換算すると10000K走行あたり1.3%程度の劣化になります。
      テスラにしては割と劣化が早いなという印象なのですが皆様いかがでしょうか?現行リーフの電池の劣化速度も概ね同様であるようです。

      もちろん作り立ての電池は化学的に若干不安定でしょうし74.5Kを超える容量があったとしてもすぐに劣化してくるのは想像できるので、それを織り込めば本当の劣化というのは規定容量をを切ったありから始まったとみなすべきなんでしょうけれど。

      充電はチャデモで充電速度は遅いです。しかもモデル3は電池を50℃付近まであたためてからフルスピードで充電するので、出力電流が小さいチャデモの場合にはヒーター電力が喰われるので加温中は余計に遅くなります。チャデモでゆるやかに充電していたとしても意外に劣化は早いのでその点も驚いています。

      通常の使用では 90-40% くらいに納めていますが、サイクル数を減らしたほうがいいのであれば 80-30% くらいで運用したほうがいいのかもしれませんね。放電深度よりはむしろサイクル数だとするならばです。

      全然劣化しないという噂だったバッテリーですが、実は割と劣化が早いというのが意外や意外です。使い方に問題があるのかな?

    • #55105返信
      テスカス
      • 車: Model 3 LongRange 白

      私はスキャンマイテスラなどのツールは使用していませんが、満充電時の航続可能距離が499km→455kmまで減りました。走行距離は37,000kmで劣化率は9%、充電の99%はスーパーチャージャーです。20%→90%を目安に充電しています。
      一般的には10%まではすぐ劣化してその後はかなり緩やかになります。

    • #55107返信
      でるも3

      ご指摘の通り、初期の劣化は意外に早いみたいですね。
      OBD経由で見ていると、走行中に減ることはないけれど、充電が終わったあとに減るということはありますね。サイクル寿命がシビアに現れてくるように取れます。
      ですので、放電深度よりもサイクル寿命なので、20%くらいまで充電しないで我慢するというのが得策ということかもしれません。

      わたしの場合は、ほぼ、チャデモ充電なので30KW充電するのに1時間近くかかります。なので30分で充電できるくらいまで減ったらすぐに充電しちゃうのですが、サイクル寿命が効いてくるなら20%とか30%に落ちるまで充電しないほうがいいことになりますね。しかも充電するなら80とか90まで一気に充電しないとよくないことなりますね。

      その点、時間制限のないスーパーチャージャーとか、自宅充電のほうがいいのかもしれません。

2件の返信スレッドを表示中
返信先: バッテリー劣化 via Scan My Tesla
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

トップへ戻る