当サイトに関するアンケートにご協力ください

イーロンマスク率いるスペースXがファルコンヘビー1年ぶり2回目の打ち上げ

こんにちはテスカスです!

スペースXは、フロリダ州の NASA ケネディ宇宙センターで通信衛星をファルコンヘビーに載せて打ち上げます。

SpaceX

2018年2月6日、スペースXが初めてファルコンヘビーを打ち上げたのは一年以上前のことです。子どものようにワクワクしながら打ち上げのLIVE中継を見たのが、まるで昨日のことのよう。

 

昨年は実験的な打ち上げでイーロンマスクが所有していたロードスターをペイロードにしていましたが、今回はサウジアラビアの通信衛星を打ち上げます。

打ち上げ時間

日本時間2019年4月11日午前7時35分

※上空の風が強すぎたため明日4月12日に延期されました。

アメリカ東部時間、サマータイム中なので時差は13時間。

ファルコンヘビーがリフトオフしてから34分後に衛星は展開されるとの事。

ちょうど通勤時間帯ですね、電車の中で見ることになる人も多いのではないでしょうか。ただ、ロケットの打ち上げには延期が付き物です。翌日、翌々日なんてことも普通にあり得ます。予定通り打ち上がったらラッキーくらいに思っておきましょう。

もちろんブースターは全て戻ってきます

 

2つのサイドブースターはフロリダの空軍基地に着陸予定。

センターブースターは太平洋上の

『Of Course I Still Love You』“もちろん私はあなたを愛してる”

という無人偵察船に戻ってきます。軟着陸シーンはもはやSF。昨年はこのドローン船に着陸予定だった1本が逆噴射不良で着陸に失敗しました。今年は上手くいくといいですね!

何のための衛星?

Arabsat-6Aは、中東、アフリカ、ヨーロッパの顧客にテレビ、ラジオ、インターネット、そしてモバイル通信を提供する大容量の通信衛星です。  それはアラブサットの軌道に位置し、衛星容量とサービスのためのこの地域で最初のオペレーターとしてのアラブサットの競争上の地位を支持するでしょう。

SpaceX

イーロンマスクはプライベートジェットで度々中東に訪れていましたが、今回の打ち上げも関係していたのかもしれません。

打ち上げの20分前からライブ中継が開始されます。以下からどうぞ!

Arabsat-6A Mission

コメント

トップへ戻る