フォーラム  モデル3オーダー統計

テスラモデル3のオーダーがイギリスでも始まりました!!いよいよモデル3の右ハンドルオーダー開始!

こんにちはテスカスです!

日本時間5/1、15時ごろTesla UKはイギリス向けモデル3のオーダーを開始しました。

モデル3としては初めての右ハンドルとなり、世界の需要ピースを埋める準備が着々と整いつつあります。

スタンダードレンジプラスが!!

なんとスタンダードレンジプラスが初めから選べちゃうようです。

これはアメリカ、ヨーロッパ、中国とは違う流れですね。さすがにイギリス一国だけで上位モデルのみの輸出は数が見込めないのでしょう。

スタンダードレンジプラスも含めて輸出し、一気に需要を満たしていく戦略のようです。この感じだと日本もスタンダードレンジプラスを最初から選べることになりそうですね。

しかもイギリスではSRプラスをオーダーしても6月にはデリバリーされるとの事。

スピード感かなり増してきましたね!


イギリスでの価格

スタンダードレンジプラス

 

38,900ポンド⇨566万円

 
ロングレンジAWD

 

47,900ポンド⇨697万円

 
パフォーマンスモデル

 

56,900ポンド⇨827万円

 
 
ブラック⇨無料
 
グレー、ブルー⇨950ポンド 14万円
 
ホワイト⇨1450ポンド 21万円
 
レッド⇨1900ポンド 28万円
 


 
19インチスポーツホイール⇨1450ポンド 21万円
 
ホワイトインテリア⇨1450ポンド 21万円
 
フルセルフドライビング⇨4900ポンド 71万円

 

※納車後の購入は6800ポンド 99万円

 FSDの価格が高くなってる??

アメリカでは5000ドル、日本では616000円です。

それに比べてイギリスは随分高い印象。

イーロンマスクは5月以降FSDの値上げを宣言していましたが、右ハンドルモデルは10日間の猶予があったはずです。

イーロンマスク
イーロンマスク

我々は5月1までに注文することができない人のために5月10まで、$ 1k のFSDオプション価格の上昇を遅らせます。

イギリスのFSD価格は1000ドル値上げ後の価格になってる気がしますね・・・

 

ヨーロッパは税金が高い

アメリカで39500ドルで買える車もヨーロッパへ輸出するとたくさんの税金が課せられます。

 

イギリスでモデル3SRプラスを購入した場合

7333ポンド(約107万円!!高!!)が税金や輸出手数料となっており、モデル3の価格はこれらを含んだ価格となっています。

 

内訳は以下の通り

VATが20%(6,483ポンド 約94万円

VATとは、日本の消費税のようなもので、EUやアジアなどの国で、物やサービスの購買時に課せられる間接税のこと。Value Added Taxの頭文字の略。付加価値税ともいう。EU加盟国は必ずVATを導入するようになっている。

JTB総合研究所

 

Destination and Documentation feeが850ポンド(約12万円
船会社が船荷証券などの書類を発行するための手数料。
 
 
つまり、上記の税金と港に払う手数料を差し引くと31,567ポンドとなり、ドルに換算すると41,241ドルです。アメリカでの販売額が39,500ドル、輸送コストを考えると真っ当な商売をしているように見えます。
 
、3,500ポンド(51万円)の補助金を差し引いた後の価格ですので、1台販売するたびに3,500ポンドをイギリスからテスラに対して支払われるものと見られます。
 
日本のように購入者が補助金を受け取るための煩雑な申請をせずに済むのは一つのメリットかもしれませんが、あらかじめ価格に反映した形だとお得感は薄いですね。
 
 

 

次はいよいよ日本の番!!!🇯🇵🇯🇵🇯🇵

コメント