テスラが2020年4〜6月のデリバリー台数を発表!黒字確定か!?

こんにちはテスカスです!

7/2、テスラは2020年4〜6月のデリバリー台数(速報値)を発表しました。

生産台数は82,272台、デリバリー台数は90,650台となり、見事2020年Q1のデリバリー台数を上回りました。

テスラは3/23から5月中旬までフリーモント工場を操業停止しており、およそ90日間で上記の記録を達成したことになります。テスラ社員の同伴を伴わない「タッチレスデリバリー」による超効率的な納車方法も大いに貢献しているでしょう。

 Model S,XModel 3Model 3/Y合計
2020年Q210600 8005090650
2020年Q112230 7626688496
2019年Q419,47592,620 112,095
2019年Q317,48379,703 97,186
2019年Q217,72277,634 95,356
2019年Q112,09150,928 63,019

2020年Q2はモデルYのデリバリー台数が大幅に増えていることが予想でき、なおかつデリバリー台数も上回っているということは純利益もQ1を超えている可能性があります。Q1の純利益は1600万ドル。

さらに完全自動運転オプション(FSD)値上げ前の駆け込み購入も考慮すると、もはや赤字はあり得ないのではないでしょうか。

収支と正確な納車台数の発表は7月下旬に発表される予定です。

出典:Tesla IR

コメント

  1. アバターBtSandy より:

    Muskもギリギリで黒字行けそうと言うような発言をしているので、大丈夫と思いますが、黒字は必ずしも楽観はできないように思います。1QはRegulatory Credit(環境規制未達の他社からの受け取り分)が3億5千万ドルあったので、これがどうなるかに相当左右されそうです。

トップへ戻る