市川市長は認定中古モデルXを買うべし

こんにちはテスカスです!

某超高級電気自動車メーカーが世間を騒がせてますね。

市川市長はリースではなくこの激安認定中古モデルX買えば良いのに。。。

安い!安すぎる!

この認定中古モデルX、安すぎます!

これと同じグレードを新車で買えば1000万円以上

対してこの認定中古モデルXは880万円

追記

一晩経って870万円に値下がりしました!

またまた値下がり861万円です。

このまま売れなければ毎日価格が下がっていきます。

レアなエンハンストAP付き

しかも、今は選ぶ事が出来ない「エンハンストオートパイロット」付いてます。

74万円もする完全自動運転オプションを買わなくても

『サモン』や『オートパーキング』を使用する事が出来ます。

日本での認可が降り次第、ナビゲートオンオートパイロットも使用できる可能性高いです!

(米国ではβ版がエンハンストAPに含まれていた)

このModel Xには車両点検、バッテリー残量およびドライブユニット保証のほか、24時間365日のロードサービスを含む、4年間80,000kmまたは2年間160,000kmまでの中古車保証が付きます。

しかもしっかり保証も!

今まで認定中古車のモデルXで900万円を切ったことはなかったので、この価格は激安です。

カーセンサーなどを覗いてみてもこの価格は珍しい。。

市川市長、リースよりこっちの方がいいんじゃないですか??

コメント

トップへ戻る