サイバートラックを自作するロシア人。ガソリン車解体しステンレスで覆う本格派!!バーライトとガラスルーフも再現!

こんにちはテスカスです!

ロシアのモスクワで発見された怪しいサイバートラック!12/18にこの車両が発見された時「ただ上から被せただけのなんちゃってサイバートラックだろう」と思っていました。が、12/21になんちゃってサイバートラックの製作動画が公開され、意外と本格的に作られていることが発覚!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Тесла в Химках😆🤪😄

Максим(@sukhotin.m)がシェアした投稿 –

元動画はこちら

TESLA CYBERTRUCK своими руками из ваз 2109 за 80.000₽

ベースはガソリン車!

画像:Пушка Гараж

ベースとなっているのはロシアの自動車メーカーLADA。

製作者は限られた予算でサイバートラックを作ることに興味があったようで、総制作費は14万円、製作期間は8日!

ボンネット外した結果、車内の一酸化炭素濃度が上昇

画像:Пушка Гараж

見た目を極限までサイバートラックに似せた結果、ボンネットを取り払うことに。必然的にエンジンが車室内にむき出しとなり、漏れた排ガスが車内へ。一酸化炭素濃度が急上昇しましたが、機密性が低いので問題なし。

ガラスルーフも見事再現!?

画像:Пушка Гараж

アクリル板にスモークフィルムを貼り、車体フレームにビス打ちで固定しています。

よって窓の開閉はできませんが、ご覧の通り開放感抜群!!

画像:Пушка Гараж

荷室部分のルーフは開閉が可能。もうこの車はなんでもアリです。

画像:Пушка Гараж

バーライトは綺麗に透過出来るようにフロストタイプのポリカーボネートで包まれています。

なお、ブレーキとは連動していないのでずっと点灯している模様。

画像:Пушка Гараж

今後この車両を本物の電気自動車にすべくモーター搭載計画も進行中とのこと。

 

EV化するなら旧型リーフを解体かな?
楽しみ!!

コメント

トップへ戻る