テスラ785億円の赤字!決算報告深掘り!

こんにちはテスカスです!

テスラは2019年1〜3月までの決算報告を行いました。

個人的に気になった項目をさらりとご紹介していきます。



785億円の赤字

2019年Q1は785億円の純損失でした。

Q1終わった時点の資産は2420億円。ZEVクレジットの販売額は17億円ほど。

今期にこれだけ赤字を出してもこれだけキャッシュはあるので、昨年のような

『キャッシュが全然なくて超危ない!!』

というような状況は脱したかのようにも見えますが、、

昨年の大きな利益はサプライヤーに対する買掛金を戻してもらったり・・・などの黒い話がたくさんあり、今回の赤字はそのシワ寄せ?なんて思ったりしてます。

生産台数

2019年Q1の生産台数は以下の通りです。

モデルS モデルX (混合)

生産 14,163台
配達 12,091台

モデルSとモデルX、2018年Q1では四半期あたり25,000台くらい売れてましたが、半分以下となってしまいました。

テスラはその要因として税控除の減少75kWhモデルの販売停止を挙げています。その証拠に今回の決算報告前日、モデルSモデルXのスタンダードレンジモデルを復活させています。

しかもオートパイロットが標準搭載なったにもかかわらず、以前より1000ドル安での復活。

さらにさらに、航続距離、加速も10%増しという超正統進化を遂げて!

※WLTP基準では610kmです。

以下の図はアウディ e-tronとの比較

ツイッター

黒がバッテリー容量で青が航続距離。

e-tronのバッテリー容量95kWh。モデルS、Xは100kWhです。

驚異的な航続距離ですよね・・・

他のSUV電気自動車(2.1から2.6マイル/ kWh)よりも少なくとも25%高いエネルギー効率を誇るそうです。

こういう論調で書くと

e-tronのフレームは堅牢だからしかたないのさ。

なんて言われかねませんが、そういう人はe-tron選べばいいと思います。

テスラ派もアウディ派もそれぞれのメーカーの戦略にまんまとハマってるだけですからね。

良くも悪くも。



次はモデル3です。

モデル3 2019年Q1

製造   62,975
配達 50,928

 
 モデルS、Xと比べると製造したけど配達出来ていない車両が非常に多いことがわかります。
 
テスラが言うにはこれらの大半はヨーロッパ向けの車両とのこと。
 
 

決算報告書には

モデル3の新しい変種の導入のための製造プロセス、より少ない作業日数、そしてサプライヤーの制限

などが納車遅れの要因として挙げられています。

ヨーロッパ市場向けはecallシステムの搭載が必須になっており、この辺りが変種だったりサプライヤー制限だったのかなあと。

 

こうなってくると右ハンドルモデルは需要も限られてくるので、より大きな納車遅れ、生産割合の少なさが予想出来ます。覚悟しておきましょう。

 



右ハンドルの生産時期

ヨーロッパ向けの生産時期を例に予測してみます。

今回の報告でヨーロッパ、中国市場向けの車両は2019年Q1の前半に生産したと明らかになりました。

イーロンの予告ツイートから察するに、今月末までにはオーダーが開始、そしてQ2(4〜6月)の前半に生産開始、と考えることができます。

悪い決算報告から目をそらすためにも、いつオーダー開始してもおかしくないと思ってます。

 

69%が非プレミアム車から乗り換え

 

2018年Q4の決算報告でも触れられていましたが、相変わらずモデル3を買う人の大半は非プレミアム車からの乗り換えのようです。

テスラはこの現象を

『プレミアムセグメントを超えた魅力』

と表現しています。

 



2019年の見通し

 

兎にも角にも上海ギガファクトリーにかかっています。

2019年のQ4には上海GFを立ち上げて量産開始を目標としています。フル稼働すれば年間50万台規模ですが、いくらなんでも無理。

そのことはテスラも重々承知のようで

2020年6月30日には世界で50万台を超える車を生産することができる可能性は非常に高い

という表現に落ち着いています。ひとまずの目標として2019年内製造規模が36〜40万台が目標のようです。これは2018年と比較すると45〜65%の増加。上海GFの稼働がなければ難しい数字かも知れません。

 

2019年後半はソーラールーフやパワーウォールにも力を入れて行くとのことなので期待したいですね!!

 

 

コメント