フォーラム  モデル3オーダー統計

テスラによる2019年Q2決算報告

こんにちはテスカスです!

テスラが2019年Q2の決算報告を行いました。

概要をざっくり記していきます。

スポンサーリンク

モデル3週産7000台突破

フリーモントにおけるモデル3の生産台数が一週間あたり7000台を突破しました。

販売開始当初は死ぬ思いで5000台を実現、現在安定的に7000台を維持できているのは努力の賜物ですね。

2019年末までに全モデル合算で週産1万台を目指しており、まだまだ生産拡大の取り組みは終わりません。

ギガファクトリー上海

もうすでに生産設備を運び込んでおり、初期の製造では年産15万台規模を見込んでいます。

今まで培ってきた経験を生かし、アメリカの設備よりも費用効果が高いものとなっています。

2019年末までに稼働を開始させ、2020年6月30日までの12ヶ月間で世界で50万台の生産能力を獲得

スポンサーリンク

モデルY

2019年Q2から生産準備を開始。

モデル3と大幅にコンポーネントが共通しているので既存の製造設計を使用。

SUVの市場規模、価格帯を考慮するとモデルYはモデル3よりも収益性の高い製品になる予定とのこと。

インフラ

Q2にモバイルサービスカーを101台追加しサービス拠点は25箇所増加。

サービスの待ち時間をかなり改善。SCの数は1600増加しV3SCの平均充電時間は15分。V2SCと比べると充電回転率が2倍に高まっている。

エネルギー製品

パワーウォールとパワーパックの導入は第2四半期に81%増加し、記録的な415 MWhとなりました。設置は5万箇所以上。

今後の見通し

コストを下げるために現地生産と既存工場の改善が不可欠。

年末までに上海を稼働させ2020年秋までにフリーモントでモデルY生産開始。

今後数四半期以内にヨーロッパのギガファクトリー建設地を決定させるとのことです。

コメント